FC2ブログ

Street Lethal

-No Pain No Gain- 数年ぶりにロードバイクを購入!! いや、それも物欲の一環か!? そんな物欲番長の日常を記録...。相棒はVLAAMS-Bike Berg AL-3 & GDR METEOR launch!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JCRCシリーズ第3戦in群馬CSC 参戦記録

2013年のJCRCシリーズ第3戦、群馬CSCに行ってきました。
自身は2戦目、3月頭のひたちなか以来です。

結果、惨敗。
いや、勝った負けたではないですね。
それはレースになった人の結果であって、僕は全くレースにすらならず、ただ一人でヒィーヒィー言ってただけでした。

前週から風邪をひき、咳(痰)を長引かせてついにレースの週に発熱、1日会社を休み、ジテツウすら1回も出来ず、コンディションは最悪で....ってのは全然関係なかったと思う。
4/14のECU長柄練同様、そもそも力が足りてない。

起床4時。
4/20~21とJCRC→ツールド草津と群馬二連戦予定。
大物の荷物は車に積み込んであったため、身の回りのものを持って、眠い目をこすりつつ車へ。
道中は順調。
関越を下りる寸前、赤城のSAで休憩。
昼食になるものと水、スポドリを買い込みつつ、朝食もここで済ます。

CSCだとトイレ混雑するでしょ、と思い“もよおす”のを待つがイマイチ。
ガソリン入れてCSCを目指すことに。
先着してるECUメンもいるし。

で、月夜野下りてしばらくしたらトイレ行きたい感。
CSC側へ曲がらず道の駅へ向かってトイレ休憩。

そんなことしてたら7時ちょい過ぎにCSC着。
駐車場は下の臨時に通された。

今日はレーススケジュール的に試走時間ギリギリまで走ればアップになる感じ。
よってローラーはなし。
(とかなんとか、ローラー用のスキュワを忘れてたバカ者は僕です)

着替えて、ボトル持って、待機時に着れるであろう防寒着をリュックに入れてCSCまで“上がる”。
意外な坂ww
こんなだっけ?
ウォーミングアップが早々に開始される形に。

会場で受付して、さて試走かな?等と思ってたらECU代表taro氏と遭遇。
試走してきたみたい(ご本人のレースは午後ながら、チーム内1番乗り?で現地入りしてた。頭が下がります)。
僕も試走をすると言うと「1周だけ付き合いますよー」と。

コース上でのアドバイスも聞きつつランデブー。
ヘアピン/S字以降のアップダウン区間が鬼門かなぁ、って感じ。
集団が伸び縮みを繰り返すしな。

taroさんの軽い試走がなんか僕には結構ハードなw
1周目にして心拍が良い感じにw

と、ボトルが左右にフラフラとしてる。
てことはボトルケージのボルトが緩んでるぞこれ。
危ない危ない。
心臓破りをゆっくり登ってたらtaroさんはあっと言う間に消えてしまったので、ボトルケージのこともあるし、無難にホームストレートまで戻る。
taroさん工具ないかしら?と姿を探すも見つからない。
あ、taroさんのJBCF所属チーム閃風脚さんの集まってる場所あるって言ってたなと思い、コースをふらふら前へ進んで発見。
その閃風脚さんの方から工具をお借りしボトルケージ取り付けボルトを増し締め。
ありがとうございました。

てことで、僕は試走という名のアップを継続。

やっぱしんどいなぁ。
乗ってないのが休養になってるなんてことは全くなくて、もう退化そのものだ。
ヘアピンから先が特につらい。
あれ?裏側ってこんなに激しく上り下りしてたっけ?な感じ。

この2周分で、試走打ち切りタイムがせまっていたのでコースアウトしてtaroさんと一旦合流。ECU基地(って、taroさん持参の毛布で陣取り)設営する。

レース後車に戻るつもりだったのだけど、「それって面倒」と思い直して、この待ち時間に一旦リュック背負って車まで下りて、水や食料や身の回りの物を持って上がる。
追加のウォーミングアップである。

そんなことをバタバタやってたら、本日JCRCにエントリーしてるECUメン全員揃った。
出走順だと、Dの2名 @kobassoさん、@tlookecuさん、Eの僕、Cの@tarowaxさん。

DとEは分差で第2区分なのでほぼ同時に召集。
ぼーっと待ってる間はすんごい逃げ出したい気分だったけど、召集されてしまうと割りと開きなおりますね。
今日はとにかくメイン集団でちゃんとゴールするがプライマリーエンドポイントです。

コースへの整列が開始され、ウィンドブレイカーを脱ぎ脱ぎ。
ジャージのバックポケットへ。
ジレは着たままとすることに(これがちょっと裏目だった)。

Dの1組、2組がスタート。
次自分。

パーン!!と号砲。

クリートキャッチ問題なし。
スタートからのゆるい登りを集団でするすると。
なんかギア軽い...。
あれ?
シフトアップ、、アップ、、、アップ、、、トップ???
俺剛脚!!

んなわきゃない。

試走終えてインナーに入れてたの忘れてたわい。
下りに入る前にアウターへ。

下る下る下る。
ちょっとライン変更が怖い人いて、その人より前に出たいが自分も斜行にならないように注意。
左高速複合コーナークリア。
集団の前目に行きたいけど速度域も高いのでなかなかそうは行かない。
大嫌いな右ヘアピン。
無難にクリア。
まだ先導バイクいるから速度が爆発的に上がることはない、横に膨らむ集団の脇をするするとなるべく前へ(の、つもり)。

先導終了でスタート。
どっかーんと速度が上がることはなく一団で推移。
心臓破り手前の休憩所コーナー(?)でリアをシフトアップしつつのフロントインナー落とし。
むちゃくちゃ踏む感じにならないよう、極力脚を使わないように登るのに努める。
けど、みんな結構いくのでずるずると後退。
意外とハァハァしつつも、体感的には割りとすぐ頂上手前右ヘアピンへ。
頂上通過しつつアウターへ入れて下り、集団の中で回復に努める。

68572_528953113810769_1963546454_n_R.jpg
↑1周目頂上手前の図(写真提供taroさん)

そのまま集団で1周目を終えて、ホームストレートではそんなにきつくもなく「あと3回これか。いけるかな??」な感じ。
結果大きく誤認識だったんだけど...。

2周目のヘアピンから先のアップダウンで呼吸が苦しくなる。
消極的に集団後ろ目だったからか、集団の伸び縮みで脚を使わされたのか??
とにかくフーーっと大きく吐き切って大きく吸い込みたいのだが、お腹周りが伸びない!!

お、オマエか!
ジレ!

確かに伸縮しない素材で身体に密着サイズのため、なんか、こいつのせいな気がしてくる。
今よくよく考えると落としたら迷惑と、出走直前までジレの上からさらに羽織っていたウィンドブレイカーをジャージのポケットに、つまりはジレの下に入れたんだよね。
写真でみるとジレがつっぱってて、これが原因か?
けど、ウィンドブレイカーごときでサイズが限界てあかんな。
来冬、ジレをワンサイズ上でオーダーか???
いやまぁ、そもそも実力がないんだがな。

164226_528953100477437_1121192142_n_R.jpg
↑ジレモッコリの図(写真提供taroさん)

てなこともありつつ、ぐるじぃーーーって思いながら心臓破りにはちゃんと集団で突入。
だがしかし、息苦しさマックス!
ジワジワと集団からこぼれ出す。
『いかん、踏みなおしたいな!』ってのと『苦しいよー』の二重奏。

ヘアピンでtaroさんに「おいついて!」と檄を飛ばされるも頂上手前でかなり離れちゃった。
下りに入っても同じく中切れをした人の背中すらポツンと遠くて独走力皆無のため事実上ここでレース終了。

情けない。

ボッチであと2周かぁ。
3周目序盤はとにかくジレの前をはだけることに専念。
突っ張ってる感じで、最後の最後が開かない。
うーんうーんと姿勢を伸ばして、最初の下りくらいでようやく全開放!

ぼっちなりに全力を尽くしつつ、コース攻略なんかも今後のために考えつつ走る。
うん、おれやっぱ下りもコーナリングも下手糞。
これも課題である。

3周目、すでにレースは終えた状態で心臓破りにかかると見慣れたジャージ(ただしくはワンピ)とそれをフォローする人影が。
なんと、@kobassoさんがチェーン切れでDNFしてた。
むぎーー
これが長丁場のレースならば、僕の自転車差し出せよ!くらいの感じだが、JCRCのカテゴリレースではね...。

南無!と思いつつもtaroさんついてるし怪我とかはないみたいだったので脇を通過。
ボッチな所を見送られるという醜態をさらす。

58150_528954123810668_494791818_n_R.jpg
↑単独走の哀愁漂う背中orz(写真提供taroさん)

最終周に入るころに、同じヘルメットキャップの人が来た。
あれ?ずっと後ろにいたのかな?
それとも追いついてきたのかな?
下りで前に行かれ、でも、お互いメイン集団からは大幅遅れなのでつかず離れず進む。

最後の心臓破りはその人より前で通過するも、その後その人が再度前に。
争う順位でもないので、前に出したまま、ゆるゆるとゴール。

そんなこんなで自身2戦目のカテゴリレースを終えました。

一番痛感しているところ。
大事なベース、LT付近のパワーに加え、やはりL5、L6とかもしっかり練習しておく必要有り。
これに尽きるな。
特に今は。
麓から一斉によーいどん!の登りオンリーだったら、30人前後の同脚力級でここまでレースにならないことはない気がするんです。多分だけど(またまた自己認識甘い可能性大だけど)。
けどね、せいぜい数百メートル程度の坂があるくらいじゃ、パワー絶対値の高い人に太刀打ちできない。
ドンって上げられる、ないし登りでも平坦部ペースを維持されると、とたんにサヨナラ~に。
うーん。
筋トレもせなあかんかなぁ。

あと、腰な。
今回も踏んだら(当社比)腰に結構きた。
ポジション的な痛みでなく、力を受け止めきれてない感じ。
てことは、脚の力をペダルに伝えれてもいないよね。
こりゃ、今一部を席巻しているプランク導入か!?

なんにせよ、珍事が起きて昇級したものの、まずは現級でちゃんと集団と走れるようにならないと話にならんです。
もう、ゼロベースで色々取り組む必要ありだ。
秋の群馬CSCって距離設定長めになるんだよね、各クラス。
その辺を照準にちーと気合入れて頑張る必要あるんじゃないかなぁ、俺よ。

レースのログ@Golden Cheetah
Totals
Duration:48:39
Time Riding:47:27
Distance (km):24.1
Work (kJ):428
Elevation Gain (meters):298

Averages
Average Speed (kph):30.4
Average Power (watts):150
Average Heart Rate (bpm):183
Average Cadence (rpm):78

Metrics*
xPower (watts):166
Relative Intensity:0.797
BikeScore™:51
Daniels Points:32
Daniels EqP (watts):166
TRIMP Points:164
Aerobic Decoupling (%):-1.65

ポチ朗Z!!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

street lethal

Author:street lethal
Twitter @street_lethal

好き
・ロードバイク
Berg AL-3
METEOR launch
・ギター
 US Cyclone
 Mustang(1964年製)
 Stratocaster('72?ノントレモロ))
・車
・服飾系全般
・“物”全般

嫌い
・なんだろ??色々あるけど…思いつかん。考えとく。

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。