FC2ブログ

Street Lethal

-No Pain No Gain- 数年ぶりにロードバイクを購入!! いや、それも物欲の一環か!? そんな物欲番長の日常を記録...。相棒はVLAAMS-Bike Berg AL-3 & GDR METEOR launch!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石×1、定峰×2 “ぼっち練からの~後半サトシさんと!”

昨日は、超々久しぶりに白石峠と定峰峠に詣でてきました。
もう、いつ以来か記憶になし。
とりあえず、メインイベントはスペック的にも白石峠。
今年、まだ自分のタイムが判っている場所を登ったことがないという現状に鑑み、8月にもなってようやく今年の体力測定といったところ。
(ヤビツ行きたいなぁ…)

ここ最近の暑さから、炎天下に数kmのヒルクライムのために自走で往復するのをためらい、なるべく涼しいうちに走ろうと車デポで行くことに。
4時半くらい、予定より遅れて起床。
起きて着替えて、前日のうちにジャージやシューズを詰めておいたバッグを背負って、バイクを引いて玄関を出る。
5時、バイクの車載も済んで、デポ地に向けてGo!!

途中、SAとコンビニにより、朝飯兼補給食を手に入れる。

デポ地(道の駅“おがわまち”)にはスムースに到着。
軽量化して、着替えて、バイクを下ろして…スタートは7時ちょい前。
うん、もう暑い…。

そういえば、道の駅の建物裏にテント張ってる自転車乗りいたなー。

最初のTTポイントにして本日メインイベントの白石峠にまずは向かう。
道の駅から西へ進み、松郷峠入り口交差点で松郷へ。

ウォーミングアップだしな。とえっちらおっちら登るが意外ときついw
「まぁ、あれだ。心拍上げとかないとダメだしな!」と負け惜しみを心の中でつぶやきつつ峠を越える。
頂上付近に片側交互通行あり(向こう側見えてるけど、一応信号あり…)。

ときがわ町側へ下って、信号右折。白石方面へ。
松郷で心拍上がったので、ことの他ゆっくり走り、TTに備える悪あがき。

ほどなく、白石スタート地点到着。
メテオランチでは初の訪問!
えーと、納車は2012年12月ド頭でしたね。
えぇ、えぇ、全くヒルクライムというものをしていないのですよ、今年は。
(以前もそんなにしてたわけでもないけどさ…)

Twitterに足跡残す休憩をちょっとして、心の整理。

DSC_0894_R.jpg

はい。行きまーす!

あばばばば。
インナーロー速攻発動。
えらいこっちゃー。

ん?
序盤でこんな斜度緩む(と言っても距離はないが)あったっけ?
カシャコン(シフトアップ)

あばばばば
インナーロー再び…(´・ω・`)

こんな感じで斜度に応じて多少のギアチェンジを駆使しながら、なんとか進む。

が、しかし。
中盤、急激に身体が、つか脚が?動かなくなる。
なんていうか、ECU GFの時にもあった、斜度に負けて回せなくなり超低ケイデンスでとにかく踏み踏みするしかない状況に。
そして、心肺共に苦しい感じで、表示されるパワーが低いのに、全然上げれない。
あかん。『車デポだし、30分は切りたい!』なんて意気込んでたんだけど、見事に返り討ちに遭い討ち死に寸前。

ペダルが重い。

斜度があれば、進めるためにその時の限界に近い頑張りが必要(9割で登るとかが出来ない状況)。
斜度が緩めば、本来加速すべきが、ゼーハーゼーハーしながら休む。
という、『それダメだよね』なパターンで進む。

進む?

進んでいるか判らないくらいのペースで中盤戦をヨロヨロと。

後半、斜度は総じて緩めになる。
徐々に身体も限界域からなんとか動くレベルに回復。
ん?
タイムは自分にしては、そこまで酷くもないなぁ。
ここからの頑張り次第では30分切れるか?

と思ったら、後半の斜度ちょい増し区間で再度心をへし折られる。

が、勝負平に到着。

んー、もうちょい頑張っておきたいぞ!

さっき一気に抜き去っていったLook695(多分)の御仁の背中も遠くに見えてるし、頑張ってみよう。

こぐ

こぐ

こぐ

頂上まで0.2kmの看板で30分を超えるorz

そこで、本気で最後…もう、あとはヨロヨロと登りきってゴール。
GARMINのLAPを止める。

30分37秒 3.71W/kg

んー。
び、微妙。
ベストから1分以上の遅れ、パワーは後で調べたら、ちょっと低めに出てる(こっちが真の値に近いのかは知らんが)。
平均パワーがもうちょい上で、タイム的には悪かった時があったようだ。
そういえば、ちゃんとスロープ値確認してなかったや(このいい加減さはパワトレに向いてない僕です)。

ま、それはともかく、タイムですわな。
車でアプローチし、前日は乗っておらずっていう好条件だったんだけどこれが今の実力のようです。
やっぱり、登らないと登れなくなるようです。
登らない分、LTを鍛えてた!なんてことも出来てないし、パフォーマンスの低下はいかんともし難いね。

あ。
で、今、なぜ急に久しく登ってなかった白石峠なのか?なんですけど、JCRC第7戦KAWABAヒルクライムに出たいからです。
さらに、そのコースとやらが(親切な方がルートラボに上げて下さっているのを見たら)白石峠とスペック的にはかなり似ていたのです。

     白石峠  川場(予想)
距離(km) 6.4    7
標高差(m) 542    586
平均斜度(%) 8.47   8.6


平均斜度はルートラボ的には8.6%と表示してるけど、距離と標高差から単純計算すると8.37%ですかね。

その辺の詳細はともかく、距離はちょっと長く、標高差もKAWABAの方が上だけど思いついたのが「白石っぺーなこれ」だったのです。
最近公開された要綱には「14%の直線」がどうのこうのっていう、表記もあるんですけど…ガクブル

とりあえず、白石で自分の現状把握が出来ました。

DSC_0895_R.jpg

あと、機材的には、650C→700Cの差が大きいことを今頃痛感。
ファイナルのギア比はタイヤ径でも稼げていたのが650C。
スプロケ歯数が一緒なら低ギア比ですものね。
んー。歯数多いの、やっぱ買うか?(27T、28T?チェーン長変わるのは面倒だなぁー)
それとも、斜度きつい場合は黄色号(VLAAMS BergAL-3)を乗りますか?

しかし、あれだ。よくよく考えたら、どうせ車デポるなら、KAWABAの予定のコースを試走しに行っても良いんじゃね??(めちゃ遠いけどさ)

さて。
朝は「んー。白石は2本登ってみるか?」なんてことを考えなかったわけじゃないけど、この時点でその選択肢なし。
絶対なし。
とにかくなし!
頂上で軽く補給して、定峰へ下る。

定峰峠ゴール地点はスルーして一気に白石車庫まで下りる。

DSC_0897_R.jpg

そこで、Uターンして、ちょい気持ち切り替えてから登り返し、定峰峠もTTしておく。

ここの感じは好きだー。
斜度がえげつなくないので、自分がすいすい登っているかのように錯覚出来て気持ちが良い。
白石のダメージで(って程か知らんけど)、全力でいってる感じはないものの、気分の良い登坂が出来る。
もちろん、対自分比なわけですけども。

16分53秒 3.73W/kg

DSC_0898_R.jpg

やはりというか、途中の平均パワー見てればわかっちゃいたが、ベスト更新ならず。
頂上の自販で炭酸買って小休止。
時間を見るとまだ早い。
「13時頃には帰宅する」と前日に家人に言っておいたので、まだ遊べそうである。
悩んだが、「定峰もう1本だな」って脳内議決され、再度下る。

白石車庫でUターン。
さぁ、また行こうかなぁ、、と思ってたら見知った人が!

ERATEHのサトシさん(@satoshi135)登場!

auの電波がダメダメでTwitterをちゃんと確認してなかったんだけど、近くを同じような行動パターンで走ってたとのこと。
しかも、この後定峰登って帰りは、松郷→逆謎峠(雀川上雲線)を抜けて道の駅に帰るというプランのよう。
もう、こりゃそのプランに乗っからせて下さい!
ってことで、同行させて頂くことに。

とりあえず、定峰やっつけましょう。
先にスタートさせて頂く。

2本目ながら、知ってる人と合流できたのでテンション上がってる。
るんるん進んでると、ローギアに!
「え?」

アウターだった…。

さすがに最後までアウターで踏み切れる様な人間ではないので、適度なところでフロントをインナーに変速、リアシフトアップ。

やっぱ定峰は気持ちよい。
この日はローディがすごく多くて、この2本目はまた人が多めなところで登ってたようで、目標になる人を見つけて追って走る。

あら…。2本目より30秒縮めてゴール!w

16分23秒 3.88W/kg

ま。ベスト更新は相変わらずお預けだけど、本日最後のTTを気持ちよく終われました。

後スタートのサトシさんと合流して、水分補給をしっかりしてから前述のプランに乗って“帰路”へ。

落ち合い橋まで一気くだり。
そこから道案内サトシトレイン乗車。
いいペース!

「へぇー」ってところを曲がって…曲がって…裏松郷(松郷の小川町側って“裏”?)の道へ。
またしても「へぇー」である。

この頃、もう気温もぐんぐん上がっており、暑い。
やっぱ炎天下は車でワープで正解じゃ。
サイクリングペースに徹していても、暑いし、、意外と手ごわい松郷に手を焼きながらとりあえず登りきる。
頂上を越えてすぐを左に入って、逆謎へ。
いつも下ってる道なんだけど、、こんなに長くて、こんなに斜度あんの?
これおかしいだろ。
某ECU総裁の言葉じゃないが「地殻変動」あったろこれ。

謎入り口(出口?)で、一回休憩しましょう。ってことにして、道の合流点まで進み木陰で涼みつつ補給食もしゃもしゃ。

気持ちも復活したところで、「もう今日最後の登り!」ってことで気合で進みだす。

いきなりきついw

ここも下ってばかりだが、登るとえぐいなw
GARMINが14%とか表示させてるぜ。

このグイっと登らされるのをやっつけたら、あとは下り基調でたまに出てくるちょい登りをやっつけつつ進む。

八高線・線路沿いへ出て、「ふれあいの里たまがわ」&711の交差点で左折。
その後、再度左折ポイントがあり、いつしか逆から走ったことのある道へ進む。

DSC_0901_R.jpg

みんな道をよく知ってるなー。

そんなこんなで、ひょっこりとスタート/ゴール地点へ戻って本日終了!(家まで車があるけどな)

DSC_0902_R.jpg

自販で赤コーラ買ってしばしだべった後解散。

>>サトシさん
ありがとうございました!
思いがけず合流できて、知らない道も走れましたしとても楽しかったです。
またお願いします!


いやぁ、車デポったのは正解だ。
この暑さの中、命が危険。
高速代やガソリン代がかかるけど、今日の80kmちょいでも結構ドリンクとか買うし、あと100kmバイク移動がプラスされるとすると、補給やドリンクはもっと買うよね…。
てことは差額は意外とたいしたことないのかも?

少しでもトレーニング要素を盛り込むならば、なるべく涼しい時間帯を狙い、さらにそれ以外のパートは楽をするようにしないとダメかもね、この季節は。
車って、準備(?)とかちょっと面倒だけど、このパターンありだな、と思いました。
暑さやわらぐまで、この方式取り入れていこうかな。

GCのデータ
Totals
時間:4:22:16
走行時間:3:32:39
距離 (キロメートル):83.60
エネルギー (kJ):1487
獲得標高 (メートル):1533

Averages
平均速度 (km/h):23.6
平均出力 (ワット):116
平均心拍数 (拍/分):167
平均ケイデンス (rpm):75
Temp (C):30.5

Maximums
Speed (km/h):58.3
最大出力 (ワット):374
最大心拍数 (bpm):196
Cadence (rpm):116
Temp (C):40.0

Metrics*
xPower (ワット):146
Relative Intensity:0.701
BikeScore™:192
Daniels Points:94
Daniels EqP (ワット):149
TRIMPポイント:496
エアロビック・デカップリング (%):21.8

ポチ朗Z!!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

比企郡ぐるぐる8の字巡り

昨日は久々にロング(?)ライドしてきました。

紆余曲折ありまして、「よーし!勝手に走りに行こう!」と家出を決めたのが土曜日。
その前から、ひょっとしたらご一緒させて頂くかも、な連絡を一転“確定”としてTweetする。
のりさん(@OSSANGTR)、るち坊(@rutiru_cz4a)、惣一郎(@sou1_6)さんが走るようなので合流させて頂くことに。

7:30秋ヶ瀬北駐車場。
5:45くらいに起き出して、ふらふら準備。
オーナーズプログラムで頂いたGDRジャージで出撃です。
ウォーマー類は一切なし。持参もしない。
完全夏装備で走り出すのは今年初めてですな。
朝の空気だと若干肌寒い?とも思ったけど、身体が温まれば全然平気。ま、そりゃそうか。
家の近くのコンビニでボトルへ飲み物、その他補給をちょっと買ってから目指せ秋ヶ瀬。

ジャストオンタイム。
7:30ちょうどに集合場所着。
全員揃ってた、、すみません、ドタ参のくせに重役出勤で。
惣一郎さんとは「初めまして」です。
この場にはクロケン(@9_6KEN)さんも居て、お見送りしてもらいつつ出発。

いつも通り(?)ののりさん一本牽き。
安定した牽きでずんずん進む。

田んぼゾーンの北側の直角左カーブ直前で我々トレインを無理無理追い抜く方が。
ちょっと待てば良いのに、こんな抜きにくいタイミングで...。

で、その懲罰だかなんだか、途中までその人が先頭の即席トレイン。
低ケイデンスで重いギアをぐんぐん踏む人のようだ。
その先頭がタレテ落ちたので、再びのりさんトレイン。

入間TT区間も淡々と、そして良いペース。

入間の交差点からは即CRを外れて一般道へ。
圏央道高架下をくぐる手前だか何だか、そのあたりで、今度はTTポジのトライアスリートな方が抜いていった。
これは別にごく普通の追い抜きだったんだけども、相対速度差が少ないため、のりさんトレイン連結。
そのままトモローまで。

トモローでは、早朝に車デポで白石峠アタックをしたサトシさん(@satoshi135)に迎撃されたw

最初の休憩。
水分+カロリーを摂取。

サトシさんに見送られつつ再スタートして、今度は“ふれあいの里 たまがわ”まで。

ここでしっかり目に補給。

その後は、雀川上雲線(?通称:謎峠)へGo!!

STRAVAのセグメントがあって、そこまでガチ走りしてる人がいないからKOM取れるんじゃね?
と焚き付けられて、恐らくここがセグメントか?ってゾーンを頑張って走ってみた。
アベパワーでL4くらいを目指そうと思ってたんだけど、結果それ以上になってしまい、心臓バクバク。
しかも終わりは登り切った所ってことのようなんだけど、結構棚っぽくフラットなので、「あれ?どこまで行けば良いのかな?」と進む。
とりあえず、最初の棚からいつも止まる見晴らしポイントの東屋までゆるゆると進んで後続を待つ。
ほとんど待たずに皆上がって来て小休止。
(GPS的にセグメントの始点終点と合致しなかったのか、結局STRAVAにデータ上げてもこの区間は拾われなかった...orz)

ここで、バイクを撮らせてもらった!

DSC_0719_R.jpg

9070DURAで、ZIPP303(フルカーボンクリンチャー!!)カッコヨス。

のりさんはFOIL、るち坊はTIMEの方できてた。

DSC_0720_R.jpg

再び走り出し、最後の登りをやっつけて下って、突き当たったら左折。
右に行けば松郷頂上なんだけど、左は初めて行った。
後から知ったんだけど、横松の出口とぶつかる道のようだ。
軽く登ったら後はぐんぐん下る。
相変わらずのりさんの下りっぷりはキレキレである。
(本人はせめてないらしいけど、なんであのスピードで下れるやら...)
ぼくはビビリーなので、ゆっくり下る。

下ると、松郷の中腹(かなり麓より??)にぶつかるようで、そこを左折して西平まで。
ここのデイリー(だったっけ?)つぶれてたのね。随分来てなかったので知らなかった。

西平を右折して白石峠方面へ、そしたら、割とすぐを左折して、これまた行ったことない道へ。
どうやら、反対側からこちらへ抜けたるち坊が、逆はどうなるの?ってのが今日のツアー本番みたい。

なんか、「え?こっち?」って所を左折。
おっと嫌なニオイしかしないw
『これはアカンやつや!』と言いながら進むと、はい、予想とおりの激坂でごぜーやす。
僕の脚ではファイナル25Tで撥ね返されそうです。
ゆっくり登りたいけど、速度落とすとどこまでも低下してそのままストップしそう。
イヤでも登るしかない。
やった!フラットになった。
脚をくるくるしつつ休もう、と思ったら眼前に今の道と同じような坂が。
『終わりじゃなかったぁー』と半べそかきながら再び登り続ける。

今度は本当に登り切って、なんかゴルフコース脇みたいな道を進んで行く。
道路案内看板のあるところで、ちょっと止まってると、車のおっちゃんが僕らが来た方を指差しながら「こっちから来たの?車行ける?」と話かけてくる。
『行けますよー』と応えていると、僕らが行こうとしている方向には大楠木(?)があって、見事だよ、と教えてくれる。
なんつーの?縄文杉的なヤーツ?
この案内看板ところから即右手に入るとそこへ最短で着くようだが、ここはるち坊の当初の想定通り直進して回りこむことに。

下り出すとのりさん相変わらず速い。
途中でるち坊が停車したので「ん?」と思ったら、下りの途中からU字に回り込むような分岐点があって、そっちへ進みたいのだが、のりさん真っ直ぐ下ってちゃっとと...。
後ろから「右ぃ!右だよー!」と声をかけるも届かなかったよう。

登り返してくるかなぁ?とちょっと待つも気配なし。
いや、これは合流するしかないと、残り3名も下る。
と、ほどなく後続が来ないことに気付いたみたいで、のりさんが登ってくる所に遭遇。
合流して、登り返して、さっきの分岐点へ進む。

次いで、次なる坂道へのアプローチポイントに到達。
案内がなければ絶対判らないな、って所で右折。
ここに、数名の自転車が溜まってた。
へぇ、僕が知らないだけで、みんなこんな道をサイクリングしてるんだなぁ、と思う。

ちょっと奥へ進んで、分岐点。
「ここを左で、激坂その2です」とのこと。

さぁ、行きましょうかねぇと思ってたら、さっきの一団が上がってきた。
エキップアサダジャージが引率してる。
あぁ、多分だけどサイクルパビリオン(?)の走行イベントなんだな。
で、ちょうど僕らが進もうとしている道へ、皆を誘っていった。
自転車のタイプもまちまち、実力もまちまちっぽい一団なので、ちょっと間隔あけましょうと待つ。

と、エキップアサダのライダーが降りてきて、最後尾をサルベージに行った。

ずっと待っていてもしゃーないので、とりあえず僕らもスタート。

いやっほーーーい。
これまた脚を止めたら最後のパターンや。
とにかく進まないとバックするか、横倒しになるか。
25Tェ...。
ひーひー登ってたら、さっきの一団はほぼ押し歩き。
(途中、メテオランチの女性がいたそうだが(その人は乗って進んでたそうな)、気付かなかった。あとで言われて「まじか?」と)
シクロパビリオン、ドSであるw
こんな所を登らせるとはやりおるわーw

登り切ったら、ちょい下ると右手に退避スペースあるからそこで集合ってことになっていたので、登頂後ちょっと下って、そこで待つ。
どうやらここが、さっきのおっちゃんの言っていた大きな楠木のあるところみたい。
見上げると、デッキみたいのに囲まれた大木がありました。
機会があったらちゃんと見てみようかな。

その先を下って行くと、パン工房シロクマのご近所に到達する。
知ってる道に出て『へぇー』ってな感じ。
シロクマを迂回するように巻いて、パン工房アライへ。
実は僕は初めてです。

DSC_0721_R.jpg

先客ローディさんが「もう、何もないよー」と教えてくれる。
時間にしてちょうどお昼だったけど、本気で何もない。
選ぶ余裕さえない3~4種しかないので、チョコチップマフィンをゲット。
表でコーラを買って腰を下ろす。

うむ。食欲ねーっす。
これはバテてるってやつ?
コーラはgkgkするも、パンに手をつける気が起きない。
のりさんも、しょうがなく選んだガーリックフランスパン(?)が「こんなにはいらない」ってことで、それをシェアする感じでちょっと頂く。
マフィンはリュック背負ってたるち坊の“重り”として運搬んして頂くことに。

ちょっと休んでたら、脚重い。

この後どうすっぺ?って感じだが、横松通って、松郷降りて帰ろうということに。
再出発するとすぐ明覚の駅。

DSC_0722_R.jpg

ここもちゃんと寄ったのは初めてだなぁ。
トイレが使えるのでお立ち寄りポイントになるみたいだ。

明覚駅前からの伸びてる道を真っ直ぐ進むと横松にいけるようです。
今日は知らない道ばかりで飽きさせませんなぁ。

激坂(総距離は少ないんだが)でお腹一杯だったので、のりさんグルペットでゆっくり登るも、ちょっと思う所ありまして、ちょっとインターバルかけてみっか。
と飛び出してみる。

つれぇぇぇぇ。
けど、こういうので千切れるんだよなぁ、いつも。
ここからの回復が凄く遅くなってる気がするのさ。
決して早くないんだけど、対自分比でもね。
ゼーハーした後に、なかなか回復しない。

登り切って、あれ?今朝下った道にぶつかった!って所の木陰で待つ。
脚止めると乳酸ががが。

全員揃って、松郷頂上方面へちょい登り。
その後、松郷を裏へ下る。

で!松郷の入り口交差点より結構手前で右にひょいと入る。
もう、ほんと今日は知らない道ばかり。
つか、皆さんホントよく道をご存知なのですなー。

この後、ミニストップで小休止。

再度走り出して、もう、なすがままに後をくっついて走って、走って、ようやく見慣れた道へ。
田んぼ、沈下橋(?)のあるゾーンを抜けて、進む。

この頃から、ちょい先頭入れ替わり風味。
帰りは南から風だ。
行きは北風っぽかったんだけど、行きも帰りも向かい風。なぜか向かい風。

途中で、自分先頭でしばらく走ってたらば、後ろで「くぁwせdrftgyふじこlp」って。
ほげ?とスローダウンして停車、振り返ると、るち坊が何かを捜索中。
ちょうど歩道がある道なので、歩道へ入って戻ると、サドル固定ボルトが緩んで、やぐらの下側、レールを受けるパーツが飛んでったらしい。
幸い発見され、その場で復旧。
いやぁ、サドル急に緩んで、落車とかにならず良かったよ。

ここから、「ショートカットをする!」ってことで、再び知らない道へ。
なんか、川沿い、土手上のCRチックを走っていくと、、K's電気とかの先の橋の東(?)側へぶつかった。
おー。これまた『ヘェーーー』である。

この頃、今日はBB付近からの異音がするなぁ、がやたらと酷くなってきてた。
ペダリングが悪い時にフリーがカンカンあたるような金属を叩くような音まで不定期にし出してる。
なんか物凄く不快。
ということで、GALENGEさんへ寄らせて頂くことに。
圏央道下を走って、GALENGEへピットイン!
ヌマ店長に赫々云々と。

ヌマ店長、試乗して「ペダルっぽい」と。
ほほぉー。

で、ペダルを一旦ん外しーの、ホイールも入れ替えーの、と着々とトラブルシューティングと修理。
ペダル、予想通り緩み。
そして、リアホイールの反ドライブ側のスポークテンションもよくない。
最後の最後はクイックレリーズもやれて、締め付け悪いのも一因かも。
と一連の作業をパパパと手早く片付けて下さり、無事音鳴り解消。
うーん、プロの仕事を見たぜ。
これで工賃無料にしてくれるんだから、もう、頭が上がらない。

皆を待たせてしまって、再出発。
先頭で意気揚々とCR走ってたら、サドルの後端が下がった!
うぎぃーー。
今日はプチトラブル多いな。

申し訳ないが停車し直して再出発。
「先頭牽いてくれてもええんやで!」と言ったらば、満を持して惣一郎トレイン発車。いや、発射!
かなりえぐい向かい風の中、ごりごり進む。
ちょっと車間を空けたら、即向かい風の餌食になるくらいの風なのに、切り裂いていく。
ぬおー、気が抜けないという意味では今日一やべぇかも!
がんがん進んで、入間TTゾーン手前信号。
「が、が、頑張らなくてもええよー」と言いつつもTT区間もごりごりである。
とにかくスリップに入り続ける。
と、TTゾーン終盤でのりさんアタック。
もう、反応する気力はありませぬw

見送ってTTゾーン終了。

その後は田んぼゾーン、秋ヶ瀬手前と再びののりさん牽き。
すげぇよなぁ、終盤も強ぇっす。

秋ヶ瀬で小休止。
またしてもコーラgkgk

IMG_20130609_170511_R.jpg

帰宅しまっか、と出発して、秋ヶ瀬出口付近で僕だけ彩湖側へ。
皆様ありがとうございました。

笹目橋付近の工事終わっていたので、右岸はどこまで走れるのかな?を検証しに行ってみた。
これが結構しんどくて、1人だわ、向かい風だわ、なんか異常にお腹空いてきたわ、皆と別れて集中力も切れたのか、20km/hくらいでふらふら走る。
この時点で割りと遅く17:30くらいだったかな。
人は少なくなりつつあるとは言え、下流域は人が、自転車以外の人が多いね。
CRは全然進めて、笹目から岩渕水門までは全線クリア!
岩渕水門で空腹に耐えかねて一旦ストップして補給食を喰らう。

IMG_20130609_180336_R.jpg

あと家まで数kmだし、目と鼻の先の鹿浜橋を渡りたいのだが、そこが通行止め続行中である。
ぐぎぎ。
鬱陶しいが迂回してから鹿浜橋を渡り、環七を通って帰宅しました。

今日は初めて走ったところだらけで新鮮だった。
比企郡、秩父方面の奥深さを垣間見た気がする。

帰宅後、悪びれず「遅くなりましたー。ただいま」としたところ、特にお咎めもなかったので、この日の家出はもろもろ成功だったようです。

ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。
またよろしくお願い致します。

GCデータ

Totals
Duration:12:01:31
Time Riding:7:26:55
Distance (km):186.9
Work (kJ):2762
Elevation Gain (meters):1082(GARMIN=1226m)

Averages
Average Speed (kph):25.1
Average Power (watts):103
Average Heart Rate (bpm):156
Average Cadence (rpm):81

Metrics*
xPower (watts):125
Relative Intensity:0.602
BikeScore™:306
Daniels Points:111
Daniels EqP (watts):129
TRIMP Points:1282
Aerobic Decoupling (%):24.77

ポチ朗Z!!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

有間峠でありまぁ… … ( 'д'⊂彡☆))Д´) ツール de 秩父 with ヤスさん

GW最終日(5/6)の昨日、秩父方面へ逝って来ました。
その前日(5/5)、帰省からUターンし『明日はフラフラしてくる!』宣言をしたものの、どういう行動にするか悩みまくる。

お世話になりまくりECUは房総200kmサイクリング(←僕にはサイクリングか!?)
これまたお世話になってるおやびんは回復走サイクリング(←本当にサイクリングか!?)

自走を前提??
自分は休養十分(脚的な意味で)だから、距離乗るプランのところにやっかいになる??
等々、贅沢な悩み。

で、ヤスさん(@u16_yasu)が「入間CRを通って有間峠登って秩父を満喫」プランを立てていたことを思い出しコンタクト。
ざくっと180kmくらい?ぼっちなら朝5:30~6:00くらいスタートかな?
てな感じ。
距離はさておき、朝が早ぇぇぇぇぇ。
完全にヤスTime…。

何度かやり取りしてたら「6:00秋ヶ瀬でどや!」ってことになったので、それなら割と現実的かな、とご一緒させて頂くことにする。

って、ここまで今日からすると前々日の話だなw

はい、当日。
6:00秋ヶ瀬現実的っつっても、5:00ちょい前には家を出ないとだめ。
4時間少々の睡眠時間で眠い目をこすりつつ起床し身支度。
久々にAKR100ジャージ。
アームウォーマー、ニーウォーマー、CRAFTのジレ、グローブは半指。
走り出しはこれでも手(指)が冷えて冷えて…。
寒暖の差がデカい季節ですね。

コンビニで軽量化やらドリンク購入やらして、約束にギリギリかなぁなのになぜか初めてここで写真撮ってみる。

サイコー
1367786834750_R.jpg

ほぼ6:00ちょうどに待ち合わせの秋ヶ瀬北駐車場に到着。
先着していたヤスさんと合流。
二人だし、ささっと出発!

田んぼゾーンまでヤスさん先頭。
そこで入れ替わって入間TT区間まで自分先頭。

で、ここから入間CRへIN!!

かつて、反対側から戻ってくるのに使ったことはあるけど、荒サイ側から入るのは初めて。
ちょっと新鮮な感じ。

DSC_0680_R.jpg

DSC_0683_R.jpg

けど...、やっぱ荒サイに比べると走りにくいね。
狭さ、舗装、折り返し、道路横断の数とかね。
朝比較的早い段階で抜けていくため、人はそこまでカオスではなかったけど、昼間とか通る気しないな。

入間CR区間はヤス先頭ナビでちゃくちゃくと進み、CR区間を終了。

DSC_0685_R.jpg

CRを出てからすぐの狭山のセブンイレブンで小休止。

この後しばし一般道。

先頭を交代し、よちよち進む。
飯能の市街地付近で何度か曲がる箇所があり、その辺はヤスさんが再び先頭で。

と、突如って感じで山深くなってくる。
なんか遠くまで来た感。

走ってきた道を左にそれて有間ダム方面へ行く“坂”に入る。
これが短いけどなかなかの斜度。
相変わらずのファイナル25Tでえっちらおっちら。
この後、本日のメインイベント有間峠あるから脚は使わぬように。

登頂。

DSC_0689_R.jpg

ダム湖すごい!
つか、天気最高。

DSC_0687_R.jpg

小休止&自販で水分補給の後、有間峠へ向かう。

釣り客なんかの車がポツリポツリと駐車しているエリアを登っていると、Y字に分岐。
「?」
止まってヤスさんがコース確認。
どうやら左へ登るのが正解のようだがガッツリ「通行止め」である。
むむむむ。
自転車なら柵の脇をすり抜けられそうだけど、「だめ」と言われていることをするわけにもいかない。
それに、ここまで少しの間も結構砂利が道路上に堆積しててガレていたので、「通行止め」区間の荒れっぷりも想像に難くない。

「引き返しますかぁ」と失意でメインイベント不発...。

来た道を戻り、ダム湖はせっかくなので反対側半周して、行きに苦労した坂もバビ!っと下る。
で、秩父に向けて山伏峠方面へ走ることに。

このあたりから向かい風が結構ひどい。
基本、北へ北へと向かってるはずだが、、この季節に北風かよ!
つか、東向きの時も風があるので、北東の風な感じかな??
「風向き変わって欲しく無いねぇ。帰りの荒サイ、向かい風とかやだな」と言いつつ進む。

しばらくすると登り基調から、本格的に登りに転じる。
登らされてるなあ、と思いつつ、SST付近の出力を表示するサイコンを視界の端にとらえながら、淡々と登る。
「名も知らない峠道だぜ。どこだここ?」いつ終わるかも判らないから、無理せず、楽もせず。

と、登ってる僕から見て左カーブがあり、その対向車線側の開けた所に自転車の一団。
「お?頂上くせぇ」と思いつつ、カーブを抜けると「山伏峠」と看板。

なんと、名も知らぬ峠じゃなかったw
いずれ越えると思っていた峠を今越えてきただけだった。

自転車から降りず、前後左右確認してUターン、乳酸抜きに少し下って、ちょっと後ろにいたヤスさんに合流、再び登り返す。

んで、登頂記念。

1367804152120_R.jpg

山頂に二人揃ったところで若干休んでからジレを装備して下る。

割と荒れた感じの路面を下っていくと、、いつしか正丸峠へ曲がった道へ出た!
おお。こんな風に道が繋がっているのか。
てことで、正丸トンネルの秩父側へT字路でぶつかり、左折してR299を秩父方面へ。

“道の駅果樹公園あしがくぼ”でちょい早目の昼飯。
あんぱんとか、ゼリー系とか、スポドリとか、、甘い物ばかり口にしてきたので、おにぎりやおやき(きんぴら)など塩気をmgmg.
そして、“真水”が美味い(・∀・)

再スタート後はもう僕も知ってるルート。
逆からだけど来たことがあるので。
裏定峰までずんずん進む。
やはり向かい風。
ぐぎぎ。

裏定峰はだらだらとした登り基調から、道幅狭くなって本格的登りに転じる。
下ったことがあるとは言え、何kmなのか?とか全く知識無し。
さっき、わけわからず越えた山伏同様、無理せず楽せずのペースで黙々と登る。
斜度は割りとない印象。
ゆるい所では僕でもシフトアップするくらい。
しかし、ここへ来て少し体調も上向きかな?(当社比)
冬場あまり乗れず、少し前は咳/痰に苦しむ風邪をひいて、全然走れなかったけど、今日は強度を抑え気味にしているとは言え、少し“乗ってる”感。(繰り返すが当社比)

「お?こんなコーナー知ってる。これって、割と頂上近くね?」ってコーナーを抜け、「まだあんのかよ!」と何度も思いながら進むと、道路案内の青看板が久々に登場。
「こりゃさすがに頂上間近でしょ!」ってことで登頂。

1367811452673_R.jpg

峠価格の自販で炭酸gkgk
ここまで136km…帰宅時200オーバーは確実。
180km+集合場所の往復ってことで、まぁ、読みとおりかな???

ほどなくヤスさん上がってきたので軽く休んでから落合まで降りて水分補給しようということに。

下りはヤスさんにおまかせ。
みるみる離れて行くが、、僕にはこのダウンヒルが限界っすw

白石車庫を過ぎ、道が広くなってから、もうまもなく下りきるかな?くらいで脚止めつつ待ってたヤスさんにやっと合流。
落合の店の自販でボトルを満たす。

この後はどうするか?と少し相談。
松郷登りたくないわけじゃないけど、回避ルートを教えてもらうことにして進む。
ここから、東or南に進むのだけど向かい風。
まじかー。

被害妄想かな?ずっと向かい風って。
と思って、後で気象庁のホムペで観測データ見たら、まんまとちゃんと向かい風だった。
秩父側にいた時間帯は北からだし、反対側へ越えたら南からだ。まったくもう。

とまぁ、風もきついので適宜先頭を回しつつ進む。
2人じゃ休めませんなぁw
最近のロング、ぼっちなことも皆無、むしろ結構な人数のところに混ぜてもらってることが多く、人に助けられていることを痛感した。

曲がるポイントはヤスさん先導で進んでいくと、「おお!こんな所に!」って場所にでた。
“ふれあいの里たまがわ”の先から線路伝いに行った、あの場所ね。
たまがわの対面のセブンイレブンで休憩。
レッドブル飲んじゃうもんね。
で、空腹感もあったので赤飯も。
あと、ゼリー系のものも買ってポケットへ。

さて、向かい風に抗いつつ先へ進みますかね、っと再出発。
先頭回しつつ、えっちらおっちら。

川島町役場近辺のルートで、かなり前方に数名のトレイン発見。
「あれに乗れたら楽だろうなぁ」と信号待ちで止まりはしないか?と念を送る。
しばらく等距離が保たれたままだったが、少し近づきつつありチャンスかな?とブリッジを試みる。
けど、トレインの速度+ほんの少しでしか進まないからすごーーーくジワジワしか距離が詰まらない。
もし追いつかなかったら無駄脚?と、思ってそうなっちゃったんだけど、こういう時はためらいなく一気に行かないとダメだね。
結果、自分にとっては強く牽く時間を無駄に長くしただけだった。
勉強になった。

ジワジワ詰めた距離が信号待ちで完全に追いつくことに。
信号変わった時に「後ろもらいます」と声をかけて乗せて頂く。
スタートはじんわりしか速度をあげず、先頭の方は手馴れた印象。
こりゃ楽させてもらえるかなぁ、と思ったんだけど、意外と誤算。
巡航に入ってから上げ下げがぼちぼちある。
最後尾についていると付き切れしないように脚をかえって使ってる感じに。
それでも、向かい風の中を牽いてもらって、入間TT区間までご一緒させて頂く。
そこからまたまさにTTな感じに上がり、トレインの中でもこぼれる人が出始め、僕も「こりゃついてくのも一苦労じゃわい」と思って、切れることに。

ヤスさんも上げ下げで燃え尽きたーってことになり、自宅スルーで秋ヶ瀬までまた戻るのは回避するってことで、16号の橋を渡りきったところで別れる。
本日は本当にありがとうございました!
5.11富士ベロ、がんがって!!!

ここからがあかんかった。
ぼっちになり緊張の糸が切れたのか、全然走れない。
向かい風のなか21km/hとかでふらーりふらーり。
気付くとすごくお腹が減ってる。
これは軽いハンガーノック様症状かも。
秋ヶ瀬の所から右岸に渡ってCR経由で帰ろうと思ってたけど、秋ヶ瀬に立ち寄り補給することに。
あと、来た時と同じく彩湖以南を一般道走った方が遮蔽物あって向かい風弱まるんじゃないか?って計算も。

秋ヶ瀬までゆるゆるで行き、自販で飲み物を買い、たまがわ向かいのセブンで買ったゼリーを流し込む。
とりあえず空腹感は収まった。
よし、あと20kmくらい、がんばんべ!で帰路へ。

一般道チョイスは割りと正解だったかな?
向かい風は向かい風だけど、遮ってくれる箇所も多かった。
あと、最後の補給で少し復活、さっきまでよりは元気(?)に走れる。
自宅近くなると、かなり血糖値もあがったのか、かなりの復活具合。
いやぁ、補給大事。
つか、あのトレイン連結が自分のペースを乱して結果としては失敗だったのかも。
勿論、トレインは悪くないです。自分の判断がね.

いよいよ帰宅かな?ってところでサイコン見ると228km...「キリが悪いなぁ、230kmにしたい」と思って、自宅を通り越す。
向かってる先の空が恐ろしく黒く、夏場のゲリラ豪雨の前兆を彷彿とさせる。
230kmに到達したことを確認して、自宅方面へ回頭!
結果231kmで終了。
自宅に着いて、“後処理”してたら家が揺れてるんじゃねーか?っつーくらいの轟音の雷鳴と豪雨きた。
危ない危ない。

とまぁ、そんな感じで、期せずして自分史上最長距離を走破し大変充実した一日となりました。
一緒に走ったヤスさんに感謝です。
またよろしくお願いします。

しかし、大環状224kmを走った時は、ド平坦にも係わらずグロスタイムは今回と同じくらい。
少し長く、獲得標高1600mちょいを同じタイムで走れるようになったから、少しは成長してるのかな?
周りが凄い人ばかりで、全くもって実感ないのだけど、“当社比”も客観視して、時々自分も認めてあげないとですかね。

そして、メテオランチ!
こいつやばいかも。
先週の自走都民の森(195km)と言い、この日と言い、長いのを走ってかなり惚れ込んできました。
人間に合わせてくれる感じ?
それは僕みたいに、恐らくフレームの狙った設計の下限を外れてるくらいの脚力でも。
疲れてきてから「あれ?」が凄い。
尖ってて「おれに合わせろ!」ってフレームじゃなくて、「オマエ、その程度なら、まぁ、それなりに助けてやんよ」って懐の深さがあると思えてきました。
人間側への親和性が高いって言ったら良いのかな??
もっと乗れる人の印象はどうなんだろう?
設計思想とか現在の流れとは異質だし、有名な自転車メーカーでもなく、価格だって挑戦的なもので、選ぶのためらうかもだけど、なんかすごいよ!って思います。
僕は一切の後悔がなく、むしろどんどん満足度上がってます( -`д-´)キリッ

Totals
Duration:12:34:27
Time Riding:9:07:26
Distance (km):231.1
Work (kJ):3583
Elevation Gain (meters):1496

Averages
Average Speed (kph):25.3
Average Power (watts):109
Average Heart Rate (bpm):155
Average Cadence (rpm):82

Metrics*
xPower (watts):124
Relative Intensity:0.597
BikeScore™:369
Daniels Points:131
Daniels EqP (watts):128
TRIMP Points:1294
Aerobic Decoupling (%):20.73

ポチ朗Z!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村

Selle ITALIA SLR Kit Carbonio Flow

久々にパーツネタ。

買ってしもたわ。
軽いサドルのド定番。

セッレ・イタリア(セラ・イタリア?)SLRキットカーボニオフローッ!!



wiggleでなんかちょい安?くらいの14121円也。
海外で18000円くらいが相場??って認識の僕だったので「安くね?」と思ったんだけど、『普通...』って言われた(´・ω・`)

ま、いいんだ。欲しかったんだもん。いつかはSLRって言うし(言わない)。

んで。当然気になる体重測定しますわなぁ。

P1170432_convert_20130502231433.jpg

僕の個体実測値は122.5gと出ました。

カタログスペックは115gと+7.5g...うーん、誤差?
こんなもんだろうね。

持った感じはおもちゃ?座っていいの?ってくらいの軽さ。

そしてそして、今使ってるのは......って、メテオランチ用ね、SLRは。
えーと、話を戻して、今使ってるのはfizik antares versusでおます。

こいつも過去単体実測してあったので、写真漁ってみた。

RIMG1086_convert_20130502231319.jpg

重てぇ...。
220g

てことで、サドルだけの差分が220-122.5=97.5となりました。

これは大きいな。
ASTUTO履いたまま7kg切るかな???
インスコしたら車両重量も報告しますかねぇ。
(最近のBlog更新頻度から怪しい気もするけどw)

あ!
これをメテオランチにインスコするには、レールクランプを交換する必要有り。
GD社がカーボンレール用の対策品を出しているのでGDダイレクトで手配してみた。
そっちも手元にある。
いつもお世話になってるGALENGEさんで買ったら1割引きと大盤振る舞いなはずだけど、なんとなくGDダイレクト使ってみたかったんだ!

さぁ、いつ取り付けていつ走ろうかなぁー。

ポチ朗Z!!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

おやびん&ヤマゾープレゼンツ 自走 de 都民の森に参加してきました

毎度。
遅筆ですみません。

4.28(sun)、タイトルの通り自走で都民の森へ行こうツアーに参加してきました。

いつも過酷なロングライド企画をしてくれるおやびんことのり(@OSSSANGTR)さん、ルートの市街地ナビは任せろのヤマゾー(@yamazou75)さん、その他、へタレじゃないヘタレ(ERATEH)メンの皆様を基本とした、ジマ(@jimao1)さん、クロケン(@9_6KEN)さん、サトシ(@satoshi135)さん、アッキー(@roadieA_kki)さん、そしてECU兼務(?)のカナ(@bicyclekana)さん、そして、あてくしの総勢8名の参加でした。

7時秋ヶ瀬北駐車場とのことで、5時15分くらいに起床、最低限の準備だけして6時ちょいまえ出発。
夏物上下にアームウォーマー、ニーウォーマー、出だしはウィンドブレイカー。
それに、夏物のフルフィンガーグローブ。
これで、まぁ、山の上からなにから対応出来たので装備は間違いなかった。
天気良かったしね。

7時ちょい前に待ち合わせ場所に着くとほぼ全員揃ってました。
で、お見送りに、ヒデヲさん、ヤスさん、ミヤさんもそろってました。
ミヤさんとは何度かやりとりさせて頂いているものの、顔を会わせたのは初。
はじめましてでした。

DSC_0650_R.jpg

全員揃い、お見送り部隊と分かれつつ、いざ出発です。

ルートに乗るまでちょっと歩道をしずしずと走り、その後車道に出てパキっと。

集合場所から10km地点くらいまで、割と風あんじゃね?って中をおやびんが一本牽き。
むむー。こりゃ辛かろうということで、信号待ちで変わることに。
そしたら、その直後、チェーン落ちしおった。
FD操作した覚えないのに内側へ...。
うぉー!っとアウターへ操作しつつ空転させて降りずになんとか復帰。
変わったばかりに先頭で迷惑かけるという体たらく。

その後は適宜先頭かわりつつ、ヤマゾーしのナビを受けつつ、割とぼちぼち良いペース!って感じで推移して、最初の休憩を青梅のどっかのセブンイレブンで。
軽めに補給し、この後向けの補給食も買っておく。

ここで、クロケンさんの“クロテグラ ドイヒー2”ブラケット(俗称:アルテグラDi2とか言われてるヤツ)が緩んで移動し、ケーブルが抜けてしまったというハプニングを復旧。
固定ギア車化してたらしいw

再スタート後も淡々と、でも良いペースで進む。
途中で1つプチ峠越え。
これ知ってるわー。
奥多摩側から回って帰るときに越えたわー、と思いつつ登る。

クロケンさん、ジマさん、アッキーさんが良いペースで登り、ついて行こうかなと途中まで頑張るも「本番」に恐れをなしてインナーローに叩き込み息が乱れない程度にゆっくり登る。
それでも結構しんどかったぞ。
割となげぇなあのプチ峠。
(後で調べた。二ツ塚峠って言うらしい)

んで、その後都民の森TT区間前最終コンビニ(あきる野?)のセブンイレブンで再度休止。
そしてそして、いよいよTT区間へ。
ちょうど信号待ちした箇所、檜原の役場の先のT字路から左へ。
ここで、GARMINのLAPボタンをポチ。
未知の20kmTTでございます。

前半はかなり豪快に下る部分もあるアップダウン。
ここはいたメンバー全員の列車で進んでいった。
と言っても割と良いペースで楽してる感じはない。
下りも踏んでく感じ。
とは言っても、本来ここも1時間出力相当で推移させるべきなんでしょうけど、平均パワー的には楽してる感じ(あくまでデータとしてね!)。
後半ぐぐっと登るらしいからまぁ、正解だよね、と思いながら進む。
ここは先頭に出ることも無く、皆様の力におんぶに抱っこです。
つか、アップダウン含まれるの超苦手orz

そして、いよいよ登り一辺倒になってくるあたりで隊列が各々のペースになりだす。

そんな中でもクロケンさんが飛び出し、それをジマさんが追う展開に。
うーん、いけるところまで逝くべ、ってことで追走。

が、しかし。

結構早い段階で、「彼らは最後まであのペースなのかしら?」と思うペースであることに気付き、自分の出力見ながらマイペースに切り替え。
つか、当社比頑張っててもジワジワ離れていくんだもん。ボッチ走するしかないってのが実際のところ。

「二人つえぇーー!」って思いながら登る。
前半で数値的には余力あるはずの平均パワーなのだが、帳尻合うように上げることが出来ない。
麓からよーいどん、ならもっと現在出力も高くて良いはずが、3倍ちょっとをうろうろって感じ。
えぇーっ?って情けなくなりつつ、でも、今これが限界だからしかたないと“作業”にいそしむ。

じわじわ話されつつも視界に入ってた先行二人はもう姿すら見えない。
むしろ、ふと気付くと後ろにアッキーさんの影。
あばばばば。

基本、ほとんどシッティングで登る派の僕ですが、腰が張ったりし始め、また、25Tというファイナルが僕にはきつかったらしく、お休みダンシングなどもしつつ登る。

もう、全然登れない。
サイコンのLAP距離に目を落とすと割りと絶望的な感じ。
こいでもこいでも進まないんだもの。

後続とは気持ーち離れたかな?って位置を単独走しつつ、旧料金所跡地を通過。
すると!
ビキッ!っと左ふくらはぎが攣る!
うぎゃーーー!って思ってたら、同時に右のハムストリングもピキピキーって。
あでででで、ってペダリングを止めて痛みに耐える。
この場所が平らなので、なんとか惰性で進んでる間に、痛みに耐えつつじわじわと動かしてペダリング再開。

死ぬかと思ったぜ。

ぐいぐいって感じで踏んでるところから、斜度が緩んだり、シフトダウンして、一瞬、サッと脚が速く動く瞬間(筋肉の収縮スピードがそれ以前よりビュンって早くなる感じ?)に前触れもなく攣ることが多いんですよね、僕。
この時も多分、斜度緩んで、ペダリングが軽くなった不意を突かれた感じでした。

こっからがまた地獄だったぜ。
もう強い力で踏むことも、ギア足らないから回すことも出来ずにほぼファイナルロー張り付きでひーこらひーこら。
途中、中央大ジャージに身を包んだえらい速い二人にぶち抜かれる。
その後ももう1名同じジャージが追い越していった。

サイコンの残距離数から言ってまだもうちょいかぁ、と思ってたら、ようやく「都民の森1km」の表示が目に入る。
このペースの1kmは時間にしたら長ぇーぞーと思いつつとにかく進む。

右手側に駐車場が見えてきた。
これは!?もう終わる??

その駐車場の横を通りつつ、見たことある信号付きの駐車場出入り口が!!

やったー!終わったー!
ってことで、LAPをぽちっと。

先行二人はどこかなぁ?とゆるゆると駐車場に分け入り、バイクを降りる時に、また右ハムストリングが攣る。
おうふ。
頑張れなかったけど、肉体的には意外と酷使されてたのかしら?
いでででで。

休憩エリアのベンチ近くに二人を発見。
バイクラックもあるので、バイクをひっかけてとり合えず休憩じゃー。

ストレッチなんぞしつつ、ソフトクリームとみたらし団子をmgmg.

後続も上がってきたので、全員で小休止。
天気はぽかぽかとして気持ちよい。

トミンノモリッ
DSC_0653_R.jpg

しばしの休憩の後、帰宅時間もあるのでダウンヒル開始。

おやぶんソッコー消えたw

僕は下りも苦手なので安全マージンありでゆる下り。
それでも、道も良いし爽快なダウンヒルでありやした。

前半アップダウン区間は、下り方面でも割りと登らされるのかな?と思ってたけど、そこはやっぱり“下り基調”でした。
惰性+αでばいんばいんと。
途中景色の良いところで写真タイムw

撮影に勤しむ面々。
DSC_0657_R.jpg

川!
DSC_0658_R.jpg

ランチ!
DSC_0659_R.jpg


昼飯どーすっぺ?ということになるも、時間も時間だしとコンビニで。
五日市のセブンイレブンに入る。
牛カルビ丼的なのうまー(・∀・)!!

で、走行再開。
往路で越えた二ツ塚は回避ってことになり、ルートをヤマゾーナビで。
結果、やっぱり割りと上りつつ、信号ストップ&ゴー区間にはまりつつ、トリッキーなヤマゾールートを存分に堪能しつつ、最後のコンビニストップ。

この後、荒サイ下流へ向かう組はハネクラ橋渡らずに右岸行った方が良いんじゃね?っていうお取り計らいにより、カナさん、アッキーさん、僕は本隊から離脱して荒サイへIN.

夕方、帰路につく自由な人々の渦巻く右岸を久々に味わいながら、まずはカナさんと分かれ、その後僕が荒サイを離れて三々五々。

帰宅したらサイコン読み195kmでした。
今年の最長不倒=メテオランチにおける最長不倒でした。

しっかし、存分に楽しめました!
それもルート決定やら当日のナビやらのアレンジをして下さったおやびん&やまぞーさんと、そしてこの日一緒だった全ての皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。
また参加出来る日程の時はご一緒させて下さい。
よろしくお願い致します。

Totals
Duration:11:39:39
Time Riding:7:55:41
Distance (km):194.5
Work (kJ):2936
Elevation Gain (meters):1395(←GARMIN的には1582m)

Averages
Average Speed (kph):24.5
Average Power (watts):102
Average Heart Rate (bpm):153
Average Cadence (rpm):79

Metrics*
xPower (watts):122
Relative Intensity:0.587
BikeScore™:316
Daniels Points:109
Daniels EqP (watts):127
TRIMP Points:1159
Aerobic Decoupling (%):48.52

ポチ朗Z!!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロフィール

street lethal

Author:street lethal
Twitter @street_lethal

好き
・ロードバイク
Berg AL-3
METEOR launch
・ギター
 US Cyclone
 Mustang(1964年製)
 Stratocaster('72?ノントレモロ))
・車
・服飾系全般
・“物”全般

嫌い
・なんだろ??色々あるけど…思いつかん。考えとく。

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。